ポロシャツで復興支援
本日、埼玉新聞の朝刊より、
東松山市職員の互助会「松和会」が節電・復興支援オリジナルポロシャツを製作、
売り上げの一部を義援金として、15万919円を集めた。
市職員などがボランティアに訪れた宮城県東松島市に届ける予定だという。
節電による暑さ対策のため、市役所では今年初めてポロシャツ着用を解禁。
同会は7月中旬にポロシャツ製作を提案、今月17日より着用が始まった。
生地は白と紺の2色で、左袖は市のマスコットキャラクターと「節電中」の文字、
胸には東松島市考案のシンボルマークをプリント。9月末まで着用する。
上記のポロシャツ白688枚と紺758枚は、丸幸で納品させて頂きました。
ご用命、誠にありがとうございます。
by junichishimizu | 2011-08-25 13:15 | 仕事のこと
<< 8月24日 納涼例会 と  8... 高田好胤の書に遭遇 >>